明照幼稚園

新たな一年が

4月 8th, 2013 | Posted by admin in 行事
今日は入園式。真っ白なエプロンを身に付けた子ども達が、今日の入園式に参加してくれました。この数年は入園者が多く、従って保護者の方々も多く、大人椅子が全く足りない状況…。多くの方にご苦労をおかけし、本当に申し訳ないと思います。それでも何とかお入り下さったのは、やはり子どもが成長してゆく「後ろ姿」をしっかり見たい、という思いだったと思います。 これから子ども達は、まいあさ玄関でお母さんと別れて教室へ入ってくことになります。手を振りながら、「行ってききまーす」と言いながら、視界から離れていきます。その向こうは幼稚園の世界。家庭とは異なる環境です。 「どんな風に過ごしているのか、困ったことはないか」と心配されるのは当然と思います。でも、ここで一つアドバイス。子ども達はまだ、十分な言葉を持っていません。根掘り葉掘り聞き出すことで、重圧のように感じる子どもが、ときどき見られます。「今日は楽しかった?」「うん!」と応えてくれたら、「そう、良かったね!」と、まずは受け止めてあげて下さい。お母さんがにっこり笑ってくれれば、きっと子どもは満足です。ご飯をしっかり食べて、夜眠れるようであれば、まず順調だと思って下さい。子ども達は、慣れない環境できっと疲れて帰ってきます。十分に疲れをとること、をまずは心がけて下さると有り難いと思います。どうぞ宜しくお願いします。

▼ スマホで見る

新たな一年が

« 前のページ「」を読む

次のページ「」を読む »

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Responses are currently closed, but you can trackback.