明照幼稚園

どうしてそう思うの?

4月 27th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 - (どうしてそう思うの? はコメントを受け付けていません。)
 今日、玄関の絵を掛け替えました。象さんの写真です。さて、誰が最初に言ってくるかな…?楽しみに待っていました。
 園庭で遊んでいた年中さんが、「ねえ、象さんの写真に替えたでしょう。どうして?」ほぉ…どうして替えたか?なかなか難しい問い方です。
 そこで、「うん、象さんクイズにしようと思ってね。さて、あの象は子どもの象でしょうか、大人でしょうか?」「大人!」「大人!」…一人が勢いよく言うと、周りも釣られるものです。そこで、ここぞと思った質問を。

「どうしてそう思ったの?」…コミュニケーションの基礎を伸ばす、そのタイミングです。
「大きいから!」…まぁ想像通りなのですが、「象=大きい」という知識からきた答えです。そうかそうか…「ふぅん…みんなそうなの?」「うん!」ということで、みんなで見に行くことにしました。
「さて、どうかな…」「やっぱり大人だよ、大きいもん」、そう、自分の知識に合致したように見えるのですよね。そこで、視点をずらす問いを。「この象さんの右に見えてるの、何だろう?」「大きな足だ!…だから、これは子どもの象だ!」なかなか頭の回転が速いですね。「そう、大きすぎて写真には足しかないけど、これはお父さんかお母さんの足だね。だから、この写真は子どもの象なんだ」「ふーん」…一件落着です。

 「どうして?」という疑問詞、子どもはよく使いますよね。物事を探求する姿勢の表れ、またコミュニケーションの齟齬を減らす言葉にもなります。でも、試行錯誤ですから「どうして?」の使いやすい場面と、そうでない場面がある。同じ「どうして?」の答えでも、自分の「考え」と「気持ち」の理由は質的に異なる。「考え」の理由は客観性を求められるのに対し、「気持ち」はあくまで主観ですので。
 まずは「具体的に答えられる”どうして?”」に触れることが大切、と私は考えています。それを繰り返し、「どうして?」という言葉のイメージが固まってきて「気持ち」についての「どうして?」が語れるようになると思うのです。
 大人の私達も、子どもに向かって「どうして?」と問うことは多いでしょう。「考え」と「気持ち」は説明の難易度が違いますので、その辺りは混同しないよう、気をつけなければなりませんね。
 ああ…ここまで書いて気付きました。「どうして、そう考えるの?」と聞くべきでした。
 あと、「おまけまめちしき」です。子どもに「Aかな、それともBかな?」と問うと、「B」と答えることが多いです。つまり、「最も最近聞いたもの」…です。今日の私の聞き方も、「子どもかな?大人かな?」の語順で聞いているのは、その傾向への対応でもあります。

カバさんのお口〜!

4月 25th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 | 行事 - (カバさんのお口〜! はコメントを受け付けていません。)
 今日は歯科検診。一人ひとりの歯の状態を、しっかりみて頂きます(見る?診る?)。乳歯から永久歯への生え替わりが幼稚園時代から始まる子がいますし、歯は一生物になるのですから、きちんとケアしていきたいものです。
 写真は年少さんですが、やはりちょっと緊張気味。光も当てられますし、ね。そこを先生が「はい、カバさんのお口して下さい〜」であーんぐり。それを聞いて「カバだって、普段は口を閉じているでしょ?」とか下衆な考えがよぎったのですが、確かに私のイメージの中でも、「カバって、ガバーッと口を開けている」像が思い浮かぶのです。我ながら面白い経験でした。顎の構造から違うのかな?
 そう、「見立て」あるいは「ごっこ遊び」のような要素が入ると、子どもって俄然やる気になるんです。普段の保育でも、「先生、魔法使いに教わったんだけど…」とヒソヒソ声で話し始めると、急に食いついてきたり。「本当にそうか?」ということより、「面白そう!」を演出することが楽しさに繋がるのです。
 お医者さんとしての腕だけでなく、子どもが乗ってくる、子どもの気持ちを考えて下さる、そんな先生だなと思いました。
 何日か経つと、検診の結果をお手紙にしてお返しします。どうぞよくご覧頂き、対応が必要なことがありましたら、速やかにご検討下さいますようお願いいたします。
 そうそう、「歯科検診の英訳」ってご存じですか? 「dental check」デンタルチェックですって。何だか肩すかしを食らったようです。「チェック」というと、日本語では軽い感じがするからでしょうか…。

お弁当初日。

4月 24th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 - (お弁当初日。 はコメントを受け付けていません。)
 今日は月曜日で、お御堂参りもあったのですが(花さか爺さん、畑、耕耘機)、年少さんも今日からお弁当ということで、様子を見に行ってみました。
 何度か幼稚園(たんぽぽぐみ)でお弁当を食べたことのある子もいるわけですから、慣れているのでしょうか、何年前だったか「阿鼻叫喚…のミニ版」であった記憶が強烈にあるのですが、全くと言って良いほど、平和な食事風景でした。
 それでもやはり、いろんなドラマがあったようです。食事の進むスピードもみな違いますし、「今日の気分」で食べたかったり違ったり。周りの子が終わると焦ってしまう子、動じない子。お家での食事とは違った態度を見せる子も、少なくないようです。
 ともあれ、幼稚園としては「あーお腹減った−」とお弁当を開けるのが一番と考えています。そうでこその完食へと繋がるからです。個人としても、クラスとしても、学年としても、いろんな課題がいろんな現場で起きながら進んでいきます。「色んな事が総合的に達成されていくのが幼稚園」ですが、それは具体的なシーンの繰り返しでもあります。「ごちそうさま」「食べられて良かったね」という会話がなされる親子関係はきっとうまく行っている…そう思います。
 お母さんとしては心配の余り、「今日、お弁当どうだった?みんな食べられた?遅れなかった?」と聞きたくなると思いますが、まずはお弁当箱を受け取り、中の様子を見て、そこに至る子どもの様子を想像してあげて下さい。言葉で聞くのはそれから。イメージなく(あるいは自分にとって望ましいイメージで)声を発するよりも、何となく様子をリサーチしてから声を掛けてあげた方が、よいコミュニケーションになるように思います。初めて…というのは何かに付けデリケートなものです。なるべく「良い印象」でスタートを切らせてあげて下さい。それは、「家に帰ってからのお母さんの反応」も含まれているのです。

亜種でも個性でも

4月 21st, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 - (亜種でも個性でも はコメントを受け付けていません。)
 今日は、母の日プレゼントのカードを作っていた年長さんの様子です。プレゼント本体ではなく、それを渡すときのカード、メッセージもそれぞれ言葉を考え、一生懸命に書きました。
 で、シンボルのカーネーションを貼ったのですが、「同じ材料で、これだけバリエーションができるんだ…」と感心してしまったので、ご紹介します。
 細かく見ればもっと…それこそ一人ひとり異なったカードになっているのですが、きっと「花びらの形は好きに貼っていいよ」と先生も言ったのでしょうね。個性というか亜種というか、「花として成り立つ」中でいろんな試行錯誤の思考があったように感じます。周りの子の様子を見てヒントを得た子もいたことでしょう。
 お母さんの所には、どんなバリエーションのカードが届くでしょうか…。

お父さんがいない

4月 20th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 - (お父さんがいない はコメントを受け付けていません。)
 イヤ驚きました。登園してきた子どもが、不安げな顔で「先生、鯉幟のお父さんがいないよ、どうしたの?」と訊ねてきました。エッと思って見てみると、確かに居ません。よもや一匹だけで泳いでいく筈もなく、何があったの…?
 近くにいた先生に尋ねると、「たんぽぽぐみさんへ行っています」とのこと。現物を見て、触って、その大きさや材質に触れてみようという意図だったのでした。それが分かって一安心。子どもにも報告しました。
 ところが、登園の間、何人もに聞かれるのです、「お父さんどうしたの?真鯉はどうしたの?」と。よく見ているなぁ。本当に感心しました。
 風が強い日には、吹き流しが矢車に絡みついてしまうのを防ぐために、少し低めにあげたりします。以前はそのことを不思議に思った子もいて、理由を聞いてきました。「ああ、上がってるな」だけではない、「何か変だぞ?」に気付く子って、とても多いのですね。
 これは、「よく見ている」という事の具体例なのだろうと思います。一瞬見ただけで「要するに、上がっている(かつて知っている通りに)」と認識するよりも、実際に目に入る光景を優先する。経験を重ねるにつれ、認識は大雑把になっていく(その方が効率は良いですよね)ものですが、脳みそ判断よりも目を優先する。子どもの素晴らしい力、賞賛すべき力ですね。

道具の使い方

4月 19th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 - (道具の使い方 はコメントを受け付けていません。)
 今日はよいお天気で、たくさんの子ども達が園庭で遊んでいました。その中でもひときわ賑やかなのは、お池の周り。オタマジャクシをめぐっていろんな事件が起きています。
 本日の「お池遭難者」3名。遭難と言っても「落ちちゃった」だけですが、私が知る限り(20分程度)で3名ですから、なかなか多かったかも、と。

 そして、プラケースをめぐる色々もありました。
 最初は年中さんがプラケース(と蓋)を使っていました。プラケースに水を入れ、手で捕まえたオタマジャクシを入れて観察…という意図だったのですが、「たくさんつかまえた!」を数えるという用途でした。
 そのうち、蓋に気付いた子が、それを使ってオタマジャクシを掬うことを思いつきました。手で捕まえるより効率的です。ひとすくいで何匹も(何人も!と言っていましたが…)捕まえることができました。
 年中さんがお集まりになって、残ったのは年長さん。蓋を受け取ると、まずパチンとはめました。今やプラケースは、オタマジャクシを捕まえる道具になったのです。
 すると…順番争いが起きました。「ボクはまだやってない」「次は私の番だよ」「ずるい…」優れた道具ではあるのですが、「一人でつかうもの」になったため、このような諍いの種になってしまったのです。また、水中ですくうと底の堆積物を巻き上げるので、池の中がよく見えなくなってしまう。
 暫く見ていたのですが、「蓋が外れない…」とやっているのを契機とみて、「園長先生にかして。外してあげるから」とプラケースを受け取りました。そして改めて水を入れ、「手で掬いなよ。で、みんなでケースに入れて使えばいいんじゃない?」と「共有財産化」を提案。自分たちで掬って入れる道具に戻りました。

何だか、「人間と道具」の歴史をダイジェストで見ているようでした。
まとめます。

1)最初は共有財産的に「溜めるところ」として使われた。掬うのは手なので、効率は悪い。
2)異なる使い方(一網打尽)が見いだされ、「だれか一人」が使う物に変化した。
3)誰か使うのか?をめぐって争いになる。
4)改めて使途を変え、共有するようになり、「手で掬う」に戻った。

いや、面白かったです。そのまま諍いを見守っても良かったのですが、「こういう解決もある」を見せることもできたのは、良かったかなと思います。「みんなで使おう」の具体像として。

園内移動

4月 18th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 | 行事 - (園内移動 はコメントを受け付けていません。)
 今日は年度最初の「お御堂まいり」。一言で言い表せる行事ではありますが、いろんな要素が含まれています。

1)クラスみんなでまとまって、現地まで移動する。
 これが入園1週間の年少さんには、結構な活動です。大した距離ではないのですが、途中に面白そうなものもあり、「バラけずに園内を移動する」のは結構大変なのです。

2)靴を揃えておく。
 玄関に対して現在の人数は上限近いので、靴はきっちり揃えて玄関に上がらなければなりません。これ実は案外できることで、先に行った子達や先生の靴を揃える様子を見て、真似できているようです(きっと、お家でも指導して下さっていると思います。ありがとうございます)。

3)正座で座る。
 いまどき、なかなか「お座敷に座る」経験は多くないと想像します。年少さんにとっては「初めて来た場所で、初めて正座する」という可能性もあります。今日の子ども達の様子を、「どうかな〜?」と見ていましたが、非常に落ち着いていて、場所につくと自分で正座できる子がたくさんいました!たんぽぽぐみで来たと言っても過去の話、お母さんと一緒での経験しかないのに、「この場に来たら、この座り方」と、関連付いているようです。有り難し。

 ということで、あと4つは要素があるのですが、長くなりますので来週に送ります。ただ、今回言いたいことは「自分で安全を確保しながら、行きたい所へ自分の力で歩いて行く」、その経験を通じて力を付けて欲しいということです。大きな目標は、春の遠足です。迷子にならないよう、「自分で歩く」「周りの子を気にする」「危ないところを避ける」総合力ですから、ご家庭でも気に掛けて頂けるよう、お願い致します。

知ってる知ってる

4月 14th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 - (知ってる知ってる はコメントを受け付けていません。)
 今日は「お花探しゲーム」の第2日目。年少さんと年中長ではお帰り時間がずれているので、2回開催しました。2回目は先生方も多く出て下さるので、園長はフィールドで子ども達の様子を写真に納めました。
 見ると、何人かの男子が固まって「クリスマスローズ」を指さしています。得意げになっているのは、さっきまで迷って探していた子。自分の力で見つけ出した嬉しさもあって、苦労している友だちに知らせてあげたのですね。
 子ども達から見ると、「お花を探してくる」ゲームですけれど、我々から見ると色んな要素があるのです。年少組であれば「これは、あっちの向こうにあった」でも「うん、よく見つけたね!おめでとう」と言ってあげられる子もいるのですが、年長さんでそれは通用しません。「何が近くにあったかな?」「高いところに咲いていた?」などなど、いろんな突っ込みをされます。イメージはあるけれどそれを言葉にすることは、案外大変です。その時、表現力は伸びるのだと考えているのです。
 スタンプを貰う時は並ぶのですから、前の子の答えを聞いていて、そっくり言う子もいます。思わず苦笑してしまうのですが、こちらも突っ込みをいくつか用意してありますので、その辺りは…塩梅があります。
 さっき見た、「友だちどうしでの教え合い」は歓迎です。同じ目標に向かって、先に気付いた子が助ける。
「かいどう、どこか知らない?」「あっちだよ!先生のミニカーの所だよ!」という「自分からの問い」も大歓迎です。
 そう、「できるだけ子ども達の力で解決していく」のが基本的姿勢なのです。

2階への冒険

4月 13th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 - (2階への冒険 はコメントを受け付けていません。)
 年少組さん、今日は園舎内を探検です。はい、確かに「冒険」です。動物が出てくるとか、危険な道を行く訳ではありません。しかし、入園一週間の子たちにとって、「階段の上」は未知なるゾーンなのです。確かに年中さんも「これからは2階だ!」と喜んで階段を上る姿が見られます。
 先生方の記録を読んでいると、「探検隊」というごっこ遊びになった時点で、俄然やる気が湧いてくるようです。普段はあちこち興味が散漫な子も、みんなから離れないように、しっかりついて行ったようです。そして、2階には「今まで見たことのないような」光景が広がっているのです。
 一クラスに沢山いる、年中さんや年長さん。本ばかりが置いてある図書コーナー。見上げると雲の天井。園庭が見下ろせる、ガラスの多い部屋。天井に開いている、謎の穴。何の説明がある訳でなくとも、子どもたちは自分の目で見て、気に入ったものはじっくり…壁や窓に額をくっつけるように…味わっていました。
 その後、年長さんのクラスへ入れてもらった子たちもいるようです。恐らくすごい迫力を感じたのだろうと思います。静かに坐って歌を聴かせてもらい、楽しそうだったとのこと。
 大人から見れば、年中さんから見たって、「当たり前の園舎の風景」かも知れません。けれど、「探検隊」というストーリーの下、初めて見た光景は、きっと楽しかったことでしょう。屋上からスカイツリーが見えるのは、気づいたかしら。これからも色んな機会に、好奇心を発揮し、安全と危険を見極められる子に育っていってほしいと思います。

遊びを作りました。

4月 9th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 - (遊びを作りました。 はコメントを受け付けていません。)
今日、娘とトランプをしていて、新しい遊びを発明しました。 「計算神経衰弱」です。基本は神経衰弱なのですが、

1)2枚めくって計算し、10にできたら取れます。
2)二枚ではできない時、3枚目をめくることができます。3枚を計算して10になれば、3枚を取ることができます。
3)順番は、普通の神経衰弱と同じように、10ができている間は続けてめくれます。
4)最後の2枚で計算して10にならなければおわりです。
5)取った枚数の多い方が勝ちです。
おわります。

 やってみて…神経衰弱に比べ、「10のできる数=当たり」が増えるので、単純記憶に優れる子どもに対し、少しカバーできるような気がします。また記憶に自信があれば、3枚セットで取っていくという戦法も使えるはずです。万が一、子どもが「この順番で計算すれば良いのに!」に気づかない時は、内心ほくそ笑むことができます。
 最後は3枚(以上)になることもあるでしょうが、逆に場に残さず全部取れたら、それはそれで「二人で優勝!」って感じがしていいかもです。

 で、もっと研究が進むと、「どのカードを最優先で記憶しておくのがいいか」分かるかも知れません。最も使いやすいカードを、ということですね。2かな…?「2を確実に取れる」であれば、一枚目が8,5,12の時に10を作れますからね。
 イヤ、そこは「1」も同じでしょう。9,10,11とで10を作れますから。
 ということは…この問題、楽しそうだな。3枚狙いだとどうなるんだろう。