明照幼稚園

素直ということ

2月 27th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 | - (素直ということ はコメントを受け付けていません。)
 昨日は年度最後の「お御堂参り」でした。実際は年長組さん、卒園式の日にお参りするのですが、今のメンバーでは最終回でした。ということで恒例の『花さき山』を演じました。お話するのはもう何年目か分かりませんが、ようやく「普通の・フルの読み聞かせ」でやることができました。
 言葉の読み替え(標準語っぽく)もせず、端折りもせず、大袈裟なジェスチャーも付けず。声の抑揚は結構つけました(それは日本語の特徴ですから)。「これだけの表現で、どれだけ受け取ってくれるかな」と、内心やや心配だったのですが、子どもの様子を見ていると、しっかり聞いてくれているようでした。絵本を開いて向けてはいるものの、「細部まで、よく見える」という距離でもありませんでしたが。
 これといって笑う場面はありませんし、全体的に黒の背景ですすんでいく話です。その分、それぞれの花の色が鮮やかに見えるのですが、「分かりやすく面白い」話でも本でもありません。

 けれど。子ども達、しっかり受け止めてくれていました。
 先生方の記録を読んでいたら、子ども達の会話の中に「あ、いま、花さき山で花が咲いたんじゃない?」という言葉が出てきたのだそうです。とても嬉しいことです。色んな思い通りにならないことや苦しみがあって、でも何とか過ごして行かなくてはならず、その知恵として「花さき山」の花があるならば、それほど有り難い受け止めはありません。
 思えば、この「素直に受け止める」という価値観は、現代少し日陰に追いやられているかも知れません。英語で「素直」を引くと、「従順・大人しい・抵抗しない」などと同じ単語で示されているのですが、日常何となく、ネガティブというか…使う頻度が下がっているような気がするのです。
「素直でいいなぁ」と感じることができた、そんな姿を見せてくれた子ども達。最後まで話を聞き、子どもなりに理解してくれた。年度最後のお御堂参り、無事に済ませることができました。

スタイリストたち

2月 22nd, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (スタイリストたち はコメントを受け付けていません。)
 今日は年長さんで、「おひな様写真」の撮影がありました。と言っても撮影者は私ですので、そう大したことではありません。ただ、随分と昔から(形は違いますが、私の長女の時は既に行っていました)のことですので、「お兄ちゃんと同じ衣装だ」とか「上の子の写真が今でも飾ってあります」という「積み重ねてきた」ことがあります。
 そんな中で、今日は「写真撮影ごっこ」としての盛り上がりが見えたのです!つまり、「まるで街のスタジオへ出かけていって、撮影する」かのような。これには驚きました。初めてのことです。
 まず最初に先生が、「何か音楽をかけましょう」と持ちかけてきました。パソコンでライブラリーから「うれしいひなまつり」をループしてかけます。すると…
 それをきっかけに、「雛祭り撮影ごっこ」が熱を帯びていきました。
 撮影のとき、カメラに笑顔を向けられるよう、賑やかししてくれる子たち(これはよく見られます)。
 撮影の合間に、カメラから覗き込んで「見える見える!」と喜んでいる子たち(これもよく見られます)。
 そして、撮影が終わり「次の人と交代」となると、冠や杓・扇子を預かって次の子に着せてあげる「スタッフ」が現れました。きちんと正面を向いているか、髪の毛が噛んでいないかも見ています。「杓は真っ直ぐ」とか「扇子が裏向きだよ」ということも、きちんと気付いて伝えています。そんな「お世話」をする子達自身が、とても楽しそうでした。
 もちろん「ボクがやるんだ」「いや、ボクがやる」といったイザコザも多少はありました。けれど、何だかとても和やかな雰囲気で「記念写真撮影会ごっこ」を遊ぶことができました。
 きっと「お買い物ごっこ」以来の、「自分達でやりたい」熱が、そうさせたのだと思います。私の一眼カメラをちゃんと操作できる子さえいて、「子どもにカメラを30分でも任せてみたら、何か1枚くらいは"とんでもなく面白い写真”を撮ってくるのではないか」なんて、妄想したりしました。
 あー面白かった。写真は年度末にお渡ししますので、どうぞお楽しみに。

自分を語る

2月 20th, 2018 | Posted by Sato in 保育論 | 日々の姿 - (自分を語る はコメントを受け付けていません。)
 今日は、お遊戯会明けですけれど、「当日には壇上に登れなかったけれど、今日は来られた」子もいて、「じゃ、もう一回だけミニお遊戯会をやろう」という話が出たようです。確かに年長組にとっては、最後の大行事。少し後悔は残るでしょうけれど、思いを遂げさせてあげたい。そう思って「分かりました、園長先生、見に行かせていただきます」となりました。
 実際のところ「本番を終えた」というのは、もう「ピークは越えた」ということです。最高の出来映え…にはなりません。しかし、「今日は来られた」子達の、その事情も知っておりますので「分かりました」と答えたのです。
 ちょうど卒園記念品に使う写真を撮りに来てくれたお兄さんと、二人だけの観客。そこに向かって、子どもたちは堂々と曲を演奏してくれました。本番の日というのは、カメラマンは勿論、私も照明係で結構ピリピリとしておりますので、一人ひとりの表情や仕草もゆっくり見ながら、聞かせてもらいました。
 そして自然と思ったのです。「この曲を選んだ先生の、その思いや願いを子どもに聞かせたい」と。もちろん下打ち合わせはなかったのですが、二人の担任それぞれの思いを語ってくれました。生の気持ちを言葉にしていますから、子どもたちがどれだけ「ピンときた」かは分かりません。けれど、彼女たちが人生かけて「私が今まで生きてきて、これが大事!」という事を伝えてくれました。保育者が参考にする本の「お便りの書き方」とかには、「アイメッセージを書きましょう。説明だけでなく、担任の気持ちや願いを書いてみましょう」とありますけれど、それの最たるものだったと思います。
 そう…今から思い返せば、子どもたちにやはり何某かは伝わっていたと思います。「うん、先生いつも言ってるもの」と、子どもが返していましたから。
 これだけしっかりした絆を持っている子どもたち、そして担任たち。解散していく日が近づいてきていますが、日々を楽しみ、人生を楽しんでほしいと思います。

何のための会か

2月 20th, 2018 | Posted by Sato in 保育論 | 日々の姿 - (何のための会か はコメントを受け付けていません。)
 保護者の皆様、先週末は、お遊戯会にあたり、多くの方にお出かけいただき、本当にありがとうございました。そして、たくさんの拍手と笑顔を子どもたちに向けてくださり、ありがとうございました。
 とても昔から行っている行事で(私自身も年長組でやった役を未だに覚えています)、幼稚園の中でも大きな行事なのですが、「子どもにとってどんな価値が=最終的に、あるのか」は、園長としては見失ってはいけないことと考えています。
 子どもたちどうしで何らかを披露しあうのではない。もちろん、子どもたち同志が見ることで「わっ、あれは何だろう。私もさわってみたいな」とか「お兄さんたち、一生懸命だ」とかシンプルに物語を楽しんだり…ということはあります。けれど「会」である以上、「反応をもらう」という要素を落とすわけにはいきません。「体を動かして、あーすっきり」だけではないのです。そのことからして、また「人間は社会性を発達させることで他の生き物よりも繁栄してきた」ことからも、「出演者とお客さん」という関係は人間以外あり得ず、その間で何が行われているか?は極めて「人間らしさ」に関わる問題なのだと思います。
 自分達の踊りがバッチリ決まった。演奏が気持ちよかった。みんなで一つの物語を紡げた。その「舞台上のこと」だけでは完結しない、「会」という形。そこでは「声援や拍手、家に帰ってからの感想やほめ言葉」など「結果や返ってきたこと」が大きな要素を占めています。
 自分は褒められるに値する人間だ。自分は応援されるに値する人間だ。そんな言葉にならなくとも、多くの方からの拍手や笑顔は、そういったメッセージを送っています。子どもたちに向けられているのは「上手だった、うまくいった」だけではなく、もっと底にある「そこにいること、或いは練習してきたこと、或いは関係を保ってくれていること…」への肯定なのではないか。
 先生の筋書き通りにいくことが、拍手になるのではない。子どもたちがそこへ立ち、何か表現することそのもの…いや本当は、もっと根底にある「表現しようとした事自体」を捉えて評価しているのです。当日は何人かのお休みもありましたが、彼らだって同じく懸命でした。たまたまタイミングが悪くて出席できなかっただけです。そんな子にも等しく拍手を送りたい。「あなたの存在を認めているよ」と。
 ああ、そうか。「表現する」というのは、「誰かに縁を紡ごうとする姿」なんだ。だから私たちはそれを受け止めたいし、広げたいし、つなげたい。縁が繋がり、広がることは、たぶん「力強く、人間らしく生きていく」ことにつながっているから。

お弁当です

2月 8th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (お弁当です はコメントを受け付けていません。)
子どもたち、遊びから戻って、お弁当です。約一時間、丸々遊んできたからか、お喋りにも花開き、食べる勢いもよいです。 相変わらず風もなく、小春日和の川口です。 では私も、「いただきまーす」

のびのびと

2月 8th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (のびのびと はコメントを受け付けていません。)
今年もやって来ました、川口グリーンセンター。おかげさまで風もなく、日差しが気持ちいいです。 先ほど豆汽車にも乗り、今は巨大な滑り台を楽しんでいます。 年長さん、昨日は「短時間で集中して練習」でした。その中でも外遊びを入れて、切り替えながら過ごしていたのは流石の姿です。 今日はこの後も伸び伸び遊ぶ予定です。私たちはつい、「残り何日」とか考えてしまいますが、思い出は振り返ってあればいいもの。帰りのバスで寝てしまうほどに、身体を使って遊んできます!

これは、あれかな?

2月 6th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (これは、あれかな? はコメントを受け付けていません。)
 お遊戯会の練習が進んでいます。
 年中さんの様子を見ていたのですが、「子ども達の出番」がどんな所にあるのか…というより、「なるべく全体に子どもの出番があるためには、どうしたらいいのか?」という課題で進めている姿があります。
 子どもにとって「待ち」は大敵…もちろん、「待てる」ことは大切なのですが…いろんな意味で大敵なのです。舞台においては、一人の子について「表に出ている時間帯」と「出ていない時間」ができるのは当然ではありますが、その「出ていない時間帯をどう過ごしているか?」も保育のうち。というか、実は「工夫のしどころ」です。
 余り詳しく説明はしないのですが、写真の先生が作っているのは大道具。私もこの手のものは好きなので、相談があると喜んで部品を買いに行ったりします。組み立ててみると不具合が見つかり、買い足して修正して…の繰り返し。お陰様で納得のいくものができました。当日操作するのは子ども達です。幕裏ではありますが、息を潜めてタイミングを見計らってやるのでしょうね。
 もう一つのグループでは、何だか「最近見覚えのある」ダンスが入っていた…ように思います。担当の先生に「あれって…?」と尋ねたところ、「そうです、子ども達のダンスを取り入れました」とのこと。
 劇としては、もちろん舞台の上で進んでいきます。写真やビデオも撮って下さい。けれど、劇を作り上げているのはいつでも全員。色んな所で、いろんな持ち場で、子ども達全体で劇を作り上げているのです。

お参りすること

1月 31st, 2018 | Posted by Sato in 保育論 | 日々の姿 - (お参りすること はコメントを受け付けていません。)
 引き続き「やもりん」ばなしです。
 早速お参りに行く、というので私も付いて行きました。お墓は、普段「立ち入り禁止ゾーン」…というか子どもが自ら足を運ぶ場所ではありませんので、そこでどんなことを感じるのかな?について、興味もありました。
 入るとすぐに、指を口にあてて「シー」としています。やはり「特別な場所」という感じがあるのでしょうね。そして霜柱(今朝も大量です)をザクザク踏みながら歩いて行きます。子ども達が選んだのは、大きな桜の根元でした。
 「ああ、これは桜の木だね」と言うと、「今は花がないけどね」「やもりんの木っていう名前にしよう」…いろんな思いが沸いてくる様子でした。
 そしてみんなで手を合わせて、お祈りしました。「今日も私達みんな、楽しく過ごせますように」と。暫くして、担任の先生が言いました「さぁ、今日も一日元気に行こう!」。「おー!」という感じでみんな戻っていきました。
何かの光景に似ている…

「これは、朝、お仏壇にお参りして出かけるのと、同じではないか?」

笑い事じゃありません。先生も子ども達も、まったく自然にそうなっていました。みんなで気持ちを一つにし、お参りして、気持ちを切り替えるきっかけにする。まさしく、「朝のお参り」にはそのような働きがあるのです。
 現代は「思い通りになることが増えた」ゆえに「気持ちの切り替え、諦め」が付きにくくなっており、それゆえ苦しんでいる人が多いと感じます。。けれど、昔の人だって、やはり何らかの手段で気持ちを切り替えていたのではないかと思います。その一つとして、「朝、お仏壇にお参りしてから出かける」があると思うのです。

やもりんの死

1月 30th, 2018 | Posted by Sato in 保育論 | 日々の姿 - (やもりんの死 はコメントを受け付けていません。)
 多分はじめてではないでしょうか、タイトルに「死」という字を入れたのは。園長としては、一面辛い事でもあり、また他の一面では「ついにその機会が来たか」という思いでもあります。
 年長さんがクラスの一員として育てていた、「やもりん」が死んでしまいました。先週は寒かったこともあり、いくつかの条件が重なってしまったようで、気がついたら既に事切れていたそうです。
 子ども達も、先生も結構がっくり来ている様子でした。みんなでエサを探し、飼い方の注意を調べ、じっくり観察させて貰い…お揃いの名札も作ってありました。
 お寺のお墓に場所を決めて、みんなで埋葬しました。「この木の所だから、いつでも分かるね」「毎日、手を合わせに行こう」ということになっているんだそうです。
 ああ、本当に「クラスの一員」のように考えていたんだな…。一生懸命心配し、お世話したけれどもダメだったんだ。みんなでその現実を受け入れたのだな。とても価値ある経験をしたと思います。

 明照幼稚園が根っこに持っている「仏教の教え」は、「自然の仕組みやことわりを知り、それに対して素直であれ」、と言っているように思います。この世には、いくつもの「苦しみ」=「思い通りにならないこと」があります。もちろん、思い通りになる事も、少しはある(勉強すれば試験の得点が上がりやすい、とか)。どうも西洋文明は、この「思い通りになる」ことを至上の価値として、「そうでないこと」に対して素直で…謙虚でいられないように見受けられます。

 思い通りにならないことは、ある。けれど、それを受け止めることはできる。その懐はある。

単純ではありませんね。もちろん、最初から全てを諦める必要はありません。
 多分仏教とは、「思い通りにならないことを、それとして潔く受け止める。そして、自分が何とかできる事について、注力せよ」という教えではないかと思います。
 いつかも紹介したかも知れませんが、改めて「ニーバーの祈り」を紹介します。

神よ、
我に
変えられるものを変える勇気と、
変えられないものを受け入れる心の静けさと、
変えられるものと変えられないものを見分ける知恵を
お与えください

ま、仏教では「神に与えられなくとも、正しい行いと修行をしていれば、身につきますよ」と言っていますけれど。それはイコール「お覚り」でいいんじゃないかと。

不審者訓練

1月 25th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (不審者訓練 はコメントを受け付けていません。)
 今日は、不審者対応の避難訓練を行いました。避難訓練は何度か行ってきましたが、年度末になって、また不審者対応自体も何度か行ってきて、ようやく「幼稚園としてはこの形かな…」と思えるものになったかと思います。
 発生…発令ではなく発生時刻については、「だいたい、この辺り」とだけ決めておきます。年度頭書であれば身構えてからスタートするのですが、多少は「リアル」に近づけ、発生時刻はアバウトにします。
 以前は舞台で捕り物をしたこともあるのですが、人材的にも、ショックの大きさ的にも過大かと考え、「一人芝居」のような始まりとしました。実際の行動は、「不審者である」と判断して笛を吹いてからです。
 笛を聞いた先生は、まず「何が起きているか」把握しなくてはなりません。そして「知らせる」。今回は「不審者のようです」という内容の暗号で、園内に放送を入れました。その先生にしても焦るのでしょうね、一言だけ放送が流れました。
 それを聞いて、各担任は子どもの安全確保、余力があれば外部連絡と状況把握、さすまたによる対象者確保…と、目まぐるしく頭を回転させて対応していきました。
 暫く時間が経って、「決着した」とのストーリーによりホールへ集合。私から訓練のお話をいたしました。子ども達は、まったくお喋りすることなく、きちんと話を聞いてくれました。普段はスイスイと近寄ってくる子どもも、何だか神妙な顔でした。ちゃんと雰囲気を感じていますね。
 ということで、「実際に不審者を目にした」訳ではありませんが、「もしも」の対応としては必要な事をできたと思っています。
 子どもとの訓練は終わりましたが、今後も職員の中では「こんなケースはどうしよう、この場合は何を優先するか」など、話し合いを続けていきたいと思います。