明照幼稚園

「失礼します…」

10月 17th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 - (「失礼します…」 はコメントを受け付けていません。)
 雨が続いたこともあるのでしょうが、職員室にいると、子ども達が(先生と一緒のことも)時折やってきます。
「失礼します…」「はい、どうしたの?」
 いろんなパターンがあるのですが、物を借りに来たり、使いに来たり、相談に来たり。時には「園長先生ごめんなさい…」ということもあります。そんな中、今日は年長さんが度々やってきました。

 「お店(ごっこ)で遊ぶのに、これを使ってもいいですか?」家にあった造花です。「髪飾りを作りたいの」ということで、「どうぞどうぞ、使って下さい。だけど、新しく買う事はないよ。いまある数だけでね」
 「この厚紙の切れ端、使えないかな。どうすればいいかな」

それぞれのお部屋にもある程度の材料はあるのですが、「職員室にしかないもの」もまた、あるのです。材料が多彩ならば、それだけ表現できる事も増えるでしょう。工夫の甲斐もあります。ノックして「失礼します」は勇気の必要な事と想像しますが、その材料を手に入れる過程で経験すること(ちゃんと自分の意思を伝えて、応じてもらうこと)も、また育ちの元であると思うのです。

運動会振り返り

10月 11th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 | 行事 - (運動会振り返り はコメントを受け付けていません。)
 今日はそれぞれ、運動会の振り返り…で、絵を描いていました。先生方の記録からの抜粋です。

「つなひきをお父さんがしている所」「お父さんと親子競技をしているところ」…ご父兄が出てくる絵が多かったです。なるほど。子どもたちがフィールドに出る競技はむろん多いのですが、子どもたちにとって「お父さんを応援する」「お父さんと一緒に何かをする」ことが印象に残ったのですね。
 「応援する」というと、ついつい「大人が子どもを応援する」文脈を想像してしまうのですが、子どもは実は「応援する」のも好きなようです。自分たちがしてもらって嬉しかったことを、自然と自分からも行うというのは、確かに頷ける話。「応援しなさい」なんて言われたことは絶対にないと思うのですが、確かに思い出してみると「親を応援する子ども」は沢山いました。普段の生活の中では滅多に見られない構図でしょうけれど、運動会ならではの光景の一つですね。
 「そのときの気持ちを思いだして、じっくり描こうね」という声掛けで、表情や足の向き、体の様子を細かく描き込んだ絵も見られました。「印象」を残すのか「説明の挿絵」をするのか、そのバランスは悩ましい所です。しかし、「バナナの匂いは何色かな?」的な「感覚を描く」ことを経験してきた子たちですから、「沢山あった、沢山の人がいた」という説明よりも、「その瞬間の雰囲気」を描くこともできたのではないかと思います。幼児の絵は視点の持ち方に特徴があります。説明しようとする余り、いくつもの視点を混在させたり(中世の絵巻のように)、レントゲンのように「中身が透けて見える」絵を描いたり。「そのときの気持ちや雰囲気」に焦点を当てることで、自然と線もゆっくりになり、迫力ある絵に仕上がったことでしょう。
 「バトンを落としてしまって、ごめんなさい」その一言でシーンとなったクラス。でも、「ううん、怒ってないよ!アンカーしてくれて、ありがとう」の声がみんなから上がったそうです。お疲れ休みの間、その子は気にしていたのでしょうね。けれど、事実として起きたことではあるけれど、一人を責めたりはしない子どもたち。徒競走と異なり、バトンを全員が繋いで行うのがリレーです。「自分のことはやったから、もうお終い。知らない」なんて子はいないのです。それは、あの応援の姿を思い出せばすぐに了解できること。「走り終わって砂いじり」という子は、いませんでした。
 運動会は一回こっきり。けれど、それに至る長いストーリーを、みんな持っているのですね。親に励まされた、誰かに応援してもらった。自分のすることは、「割り当てをやりきる事」だけじゃない。苦しんでいる子を励ます。運動会をきっかけに始まったストーリーも、またあるのだろうと思います。行事というアクセントがあるからこそ、日々連綿とつながる子どもの成長が、フラッシュを当てたようにパッと見えたのでしょう。
 改めまして、運動会開催にあたり、保護者の皆様には種々ご協力いただきまして、ありがとうございました。現地練習に送迎してくださって、ありがとうございました。天気予報を睨みながら、一日の予定をフレキシブルに立ててくださって、ありがとうございました。子どもたちに声援と拍手を送ってくださって、ありがとうございました。
 運動会を経ることで、何かまた、子どもたちは成長していくのだろうと思います。これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。

盛り上げていこう

10月 6th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 - (盛り上げていこう はコメントを受け付けていません。)
 先日、年中組の演技を撮影したのですが、園長はそれで味を占めました。年長の先生に「勢いづけに、ビデオでも撮りましょうか?」と持ちかけたのです。ちょうど先生方からも「実は、撮影をお願いしようかと考えていて」とのこと。息が合ってる?動きですネ。
 さて、先日買ったジンバル。昔は「プロでなければ手が出せない」ものでしたが、今は(比較的)手軽に手に入れられるようになりました。先生方にも「これでユーチューバーデビューできる!」とかハシャいで見せたりして。ええ、夏休みに「イマドキの動画」を見まくりましたからね(鼻息)。今年の「入園説明会ビデオ」は今までとひと味違います。
 そして、無事に撮影が済んで鑑賞。子ども達の視点と、先生方の視点は、やはり違います。「ワー、あそこにボクがいる!」と「。。。」と。この時期ですから、改めて「改善点を洗い出して」は余り行わず、「あっ、今のところ、手がスッと伸びて良かったね」「声が揃ってよかったね」と「盛り上げ重視」です。
 欲しくなりませんか?運動会に間に合うかは分かりませんが、「携帯で撮る」「動きながら撮る」「ズームで撮る」には向いている道具だと思いますよ。ビデオカメラを持っている方は、その手ぶれ防止(とホールド感)には及ばないと思いますが。

ドヤ顔を喜ぶ

10月 5th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 | 行事 - (ドヤ顔を喜ぶ はコメントを受け付けていません。)
 今日は運動会の総練習。雨で日程は変わりましたが、気持ち良い青空の下で行うことができました。現地までの送り迎え、多少距離がありましたが、ご協力いただき、ありがとうございました。
 子ども達は、大人以上に「見えること」に拘ります(というか、「見えること」が世界そのもの、なのでしょう)。ですから、現場で慣れておくというのはとっても大切だと考えています。もちろん足元にはマーカーとかラインがあるので、それを頼りにしていいのですが(していますが)、それだと足元ばかりを気にしてしまう。
 年長さんではむしろ、「友だちとの間を見よう。足元じゃなく、友だちを見よう」という経験にしたい思惑もあって、「現場でフルスケールを体験しておく」にこだわるのです。
 今日はまた、「他学年の活動をつぶさに見る」機会でもあります。園庭での練習は、予め時間を区切っていますから。何度か一緒に現地練習している年中さんは、年長さんの踊りが気に入ったようで、見様見真似で踊る子が増えてきました。何ともかっこよく映るのでしょうね。また、それを見る当人達はどんな気持ちでしょう。
 みんな、だいぶ自信を持って踊れるようになって来ました。その顔を「ドヤ顔」と呼んで、面白がる人も世の中にはいるようです。けれど、「あー、自信持って踊っているんだな」と素直に喜べる。思わず引き込まれる。そんな観客でありたいものです。
 子ども達は(大人も)、周りからの評価に敏感です。「ドヤ」に替わる言い方、ないもんですかね。

思い通りになる・ならぬ

10月 3rd, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 | 行事 - (思い通りになる・ならぬ はコメントを受け付けていません。)
 今日は運動会総練習の予定でした…けれど、昨日の天気予報で「午前中は雨」というのを見て、延期にしてしまいました。そして今日のお天気。今なんて、日が差して暑いくらいです。
 まことにお天気…思い通りにならぬものです。何よりも子ども達に申し訳ない。今年度はすでに一回雨天中止にしているので、これで2回流れてしまいました…子ども達や先生が、焦らず実力を発揮できる環境を作るのが園長の役目だというのに、情けない限りです。
 しかし、それを撥ねのけるかのように、子ども達は元気に練習を行いました。写真はリレーのバトンタッチなのですが、昨日からお互い作戦を練って、「どうバトンタッチをすればいいのか?」を試行錯誤・練習しているようです。確かに一人ひとりの速さは、そう劇的には変わりません。ドラマはバトンゾーンで起きることが多いです。それぞれの作戦やいかに!?

 先週の土曜日は、自分の娘の運動会へ行って来ました。小学校最後ということで、見事なバトンパスもあり、長縄跳び5分で数を競う競技もあり、親の玉入れにも「最後にして初参加」してきました。籠がかなり高くて2段になっており、「下の籠に入った分は減点」という、恐ろしいルール。6年生チーム、最下位でした(うぅ…)。
 お天気にはどのみちこれからも翻弄されると思いますが、世の中そういうことがあるからこそ、「せめて自分で何とかできることは、やろうよ!」と思うのです。
 土曜日の予報もよくありません…。去年のトラウマもあります…。けれど、精一杯の判断をしていきたいと思います(無理しない)。

そんなやり方が!

9月 27th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 | 行事 - (そんなやり方が! はコメントを受け付けていません。)
 昨日の動物園をうけて、今日は子ども達、それぞれ表現活動です。ちょうど年中さんでは鈴木先生が来て下さり、「ぞう・フラミンゴ・キリン」の表現を行いました。
 …言い方が勿体ぶっていますね。「描きました」とはちょっと違うな…と感じているのです。作品自体は園内に飾ってありますので、ぜひご覧頂きたいのですが、私が感心したことは他にあります。
 絵の具を使っているのですが、その使い方が「スタンプ・櫛・刷毛(?)」で…ともかく「筆でも指でもない」物を使って模様をつけてあるのです。担任の話によると、その実演を見た時は、子ども達から拍手が沸いたそうです。
 そして、模様のついた紙をちぎって貼り付けて形を作りました。迫力ある動物たちの「表現」がされています。象さんの耳が立体的なのは、誰かが気付いて表現し、流行したのかも知れません。
 ともあれ、「好きに模様を付けて行ってよい」という「躊躇なく始められる」活動で入り、誰もが材料を手に入れて俯瞰しながら作り、「最後に微調整」でたてがみなどを付けるという流れ。さすがプロだな、と思うと同時に「いつか、どこかで応用して表現活動やってみたいな」と思いました。

同じ話を

9月 25th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 | - (同じ話を はコメントを受け付けていません。)

いもとようこ「さるじぞう」より

 お彼岸の中日(秋分の日)を越えて今日はお天気もよく、子ども達も気持ち良く登園してきたのではないかと思います。週末は、(土曜日に重なった故でしょうが)「運動会が延期になった」小学生達が、お昼頃から結構遊びに来ていました。「あらあら、お墓参りには行かないの?」という感じなのですが、どうも東京に限った話ではなく、地方でも「土曜日に運動会を予定していたが、順延になった」との話も聞きました。「国民の祝日」に行事を宛てるのって、どうなんでしょうか…?
 さて今日はお御堂参り。「さる地蔵」として紹介されていた昔話をしました。
 サルたちからお地蔵さんだと勘違いされたお爺さん。サルの里へ運ばれていきます。途中で川を越えるのですが、その時のかけ声が楽しいのです。「お猿のお尻は濡らしても お地蔵さんは濡らすなよ お猿のおへそは濡らしても お地蔵さんは濡らすなよ」。何とものどかな物なのですが、子ども達は(伝統的に)この部分が好きです。歌詞にしても調子にしても。
 前の園長が好きで、よく話していました。山場に差し掛かると、「どう?面白いでしょう?」と、まさに子どものような顔でニコッと笑います。それに連れて笑い出す子も多かったです。(…ちなみに前園長、元気にしていますよ。)そう言えば、私の今の節も、彼のものと同じ。これだけ変化の激しい時代に変わらず通用しているのですから、かなり普遍的なものなのだろうと思います。
 もしもお家で子ども達がやり始めたら、理事長の笑顔から始まっているんだな…と見てやって下さい。

続イベントデザイン

9月 21st, 2017 | Posted by Sato in 保育論 | 日々の姿 - (続イベントデザイン はコメントを受け付けていません。)
 先生方の「おかいものごっこ」への会議、再び開かれました。前回では大筋が決まったものの、具体的な事柄が未定だったのです。
 「ねらい」と「概要」をベースに意見の出し合いが始まります。「まず、デザインの項目をハッキリしましょう。①場と時間、②コミュニケーションの形、③物の扱いについて、でいいですか?」おお、なかなかスマートな進め方です。いろんな事についてワイワイ話していくなかで自然とまとまることも多いのですが、項目が明確だと、「一カ所決まるとドミノ倒し」で決めやすいのです。いつの間に会議のやり方を身に付けたのか…。感心して聞いていました。
 一カ所が決まると、それを起点にいろんな意見が出てきます。「じゃ、こういう可能性もあるよね」とか多少のオーバーランもありますが、聞いていても想像しても楽しい話。それぞれの経験をもちより、細部が詰められていきました。
 結果、具体的なことが決まりました!。例年とはかなり異なった形と位置づけになります。もちろん初の試みですから、いろんな問題点が発生するかも知れませんが、とにかくみんなでワクワクしています。学年だよりなどでもお知らせするかと思いますが、どうぞお楽しみに。

練習が始まりました

9月 20th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 | 行事 - (練習が始まりました はコメントを受け付けていません。)
 運動会に向けての練習が始まりました。年長さんも年中さんも園庭での練習を行っています。幸いお天気もよく、水分補給と休憩には気を配りながら、動きを確認しつつ踊っていました。
 各学年の「お遊戯」には、それぞれ(例年あまり変わらない)テーマがあります。年少組さんは「とにかくみんなで踊る」、年中さんは「左右も意識しながら、自分で踊りを覚える」、年長さんは「隊形移動をしながら踊る」という感じです。隊形移動の難易度もいろいろあるのですが、「先頭さんについていく」という列の一員としての側面と、「一人一人が止まるべき所で止まる」という2種類の「判断」を伴います。先頭さんは大概、明確な目印に向かえば良いのですが、それ以外の子は「ここで止まる」という判断を各自で行わなければなりません。
 いまのところ、それぞれの踊り(体の動き)を中心に練習していますが、いずれは「全体としての動き」を意識した行動が求められます。その辺り、「一人一人の視野」と「別の視点から見た自分達」ということになるので、得手不得手があるようです。「こればっかりは、ワイドでビデオを撮ってあげて欲しいなぁ」と思う事もあります。

九月の入口

9月 14th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 - (九月の入口 はコメントを受け付けていません。)
 今日は年少組で絵画指導、年中組では壁面制作と運動会練習、年長組は運動会にむけてタイム計測などを行っています。
 さて、幼稚園の玄関には絵を掛けていますが、年間3〜4回は入替を心掛けています(と、掛けてみました)。今は「ボタニカルアート」の「桐」と、宇宙写真「アルマ望遠鏡」です。
 桐は、箪笥の材料にすることから、「女の子が生まれたら桐を植える。それが育って、お嫁に行く時には持って行く」という風習があった…今でもあるそうです。
 子どもと一緒に、桐の木も育つ。時期になれば箪笥の材料として、嫁入り道具に持たせる。共に時間と手間と気持ちをかけて育つもの。微笑ましい…という言葉では測れない、深い愛情があるのですね。
 そう言えば、私の長女が生まれた時には「誕生記念樹」を区からいただきました。園内に今でも植わっています。

 もう一点は宇宙の写真。天の川です。夏休みに、もしかしたら夜空の星を眺めた子もいるかも知れない、見たことのない子もいるかも知れない。そう思って掲げました。「日本の家庭には、科学についての本が少ない」という、何時かP連の講演会で聞いたことも思い出します。
 こちらは「アルマ望遠鏡」と言い、チリの砂漠に設置されているのだそうです。男子目線だと望遠鏡もカッコイイのですが、「あんな空が今でも自分の頭上に広がっている」と見せてくれる。あの星一つ一つが太陽のようなもので、そこには地球のような惑星のある可能性はある。知らないだけ、見たことないだけ。宇宙はロマンではありませんが、何とも言えず畏れるべきことだと感じます。