明照幼稚園

バザー御礼 ありがとうございました。

6月 24th, 2018 | Posted by Sato in 行事 - (バザー御礼 ありがとうございました。 はコメントを受け付けていません。)

りねあの先生による力作。

 本日は、PTAのみなさんにより、幼稚園のバザーを開催していただきました。今回で第46回ということで、掛け値なしに「歴史を積み重ねてきた」行事だと感じます。本年度も「PTAみなさんで作り上げたバザー」であり、関係の皆様には心より御礼申し上げます。多分、当初の捉え方と今では変化も起きているのだろうとは思いますが、それに連れて実施するご両親・我々教職員も少しずつアップデートして対応しているのだろうと思います。
 簡単な例では、「3年前まで、先生方が売っていたのはブリックパックだった」のです。ゆえに「ブリックパックを畳んで捨てる手順書」という掲示物がありました。昨日みんなで確認して、「もう不要だ」ということで廃棄にしました。そう言えば、私が覚えている限り…古い園舎でしたが、先生方が頭に飾りを付けて「喫茶店」をやっていた覚えがあります…昭和だったでしょうか。
 私は今日、「全員の方をお迎えする」というミッションで、ずっと入口の所にへばりついていたので、実際の盛況ぶりはあまり見ることができませんでした。けれど、事前に部屋の装飾を見せて頂いたり、時折聞こえる歓声に「ああ、楽しい一日になっているようだな」と安心しました。
 それこそ時代を反映して、「手作り」と言っても相当素晴らしい出来映えの装飾や企画もあります。昔では考えられなかったのではないかと思います。けれども、保護者の方々(と職員も)で「作り上げる」バザーであることは変わりないと思います。幼稚園がひととき、ワンダーランドになったかのようでした。
 「子ども達と、楽しい一日を。私達の手で」というのがバザーの現在の姿だと思います。ご苦労されたことも多いとは思いますが、皆さんで楽しい思い出ができたのではないでしょうか。
 ケガや事故もなく、無事に過ごせましたこと、改めてみなさんに御礼申し上げます。ありがとうございました。

戸を開ける楽しみ

6月 22nd, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (戸を開ける楽しみ はコメントを受け付けていません。)
 何だかロマンチックなタイトルになりました。朝の「登園始まりイベント」では、年長さんが何人か、非常に期待してくれていて、かけ声もだいぶ自信あるものになってきました。
 さて、昨日からは「扉を開けると感じる」…本物のカサブランカが飾ってあります。玄関に絵が架けてあるのを見て、持って来て下さった保護者の方があるそうです。香りも強いのですが、玄関の空間が広いので、「扉を開けて入ると気付く」程度、丁度いい塩梅です。
 多分、「既に開いている玄関」に入っていくだけでは、香りに気付きにくいと思います。これも、「幼稚園に9時に行く!」子の楽しみでしょうか…。この時期、何だか淡い色の花が多いような気がします(アジサイやアカパンサスなど)けれど、白というのは何処にあっても映える色ですね。
 ところで、カサブランカは1970年代に作り出された品種なんですって。私の方が歳をとっているということです(笑)。

 そうそう、「ロマンチック」と言えば、「7月のうた」に「ロマンチック」という言葉が出てくる学年があります。先日それを先生が説明していました。「ねぇみんな、ロマンチックな王様って出てくるけれど、ロマンチックって、どんなことか分かるかな?」「……。」さて、先生はどう説明したでしょうか?とても彼女らしい、かわいい説明でしたよ。そして、該当学年では、子どもが尋ねるかも知れません。「ねぇお母さん、ロマンチックって、どういうこと?」と。

収穫シーズンイン

6月 20th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (収穫シーズンイン はコメントを受け付けていません。)
 今年も野菜の収穫が始まっています。すでに年少さんは結構な量のキュウリを手に入れ、「チクッとして痛い!」とか自然と直接関わる経験をしています。
 今日は、お御堂参りのあとで、年長さんがナスの収穫をするのを見守りました。思惑としては「お泊まり会で食べようね」なのですが、すでに熟した実がたくさんできています。ナスもまた、ヘタにトゲがあるんですよね…何気なく手を伸ばす子を見ると、ちょっとドキドキします。
 ナスを生で食べる機会、幼児に多くはないだろうと思います。「浅漬け」にはしていますが、今後どのような出し方をするのか、先生方も思案中のようです…ぬか漬けって難しいのかな?
 枝豆も実が付き、膨らんできました。食べ頃を迎えたら、一気に収穫〜茹でて〜食べたいと思います。
 年中さんのサツマイモですが、だいぶ元気に葉と茎を伸ばし始めました。出始めると勢いが凄いですし、収穫後も縄跳びにして遊んだりもできます…けれど「時間がかかる」もの。それに付き合うのが、大切な経験だと思います、野菜について。
 ちなみに今日は「浄称堂の傷薬」として紹介されている話をしたのですが、出典不明です。和尚さんとカッパのやりとりなのですが、和尚さんがキッチリした方で、「その薬が本当に効くのか、自分の身体で試してみなさい」とか、「心は優しいけれど抑える点は厳しい」感じ。「坊さんとは、自分の価値観だけではないく、仏教を学んで実践している故に信頼され尊ばれる」のだろうな…と身につまされたり自省の念を生じたりします。

コンサート体験

6月 14th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (コンサート体験 はコメントを受け付けていません。)
 いささか旧聞になってしまいましたが、14日は文京区私立幼稚園の「人形劇を見る会」で、年中・年長さんはコンサートに行きました。もう40年以上も続いている行事で、逆算すると園長も初期には参加したのかも…?というものです(当時は日比谷公会堂だったそうです)。
 例年いろんな演し物があるのですが、今回はコンサートでした。元々保育関係の方ですので、歌と言っても手遊びのついたもの・遊びになっているものが大半。運良く砂かぶり席だったこともあり、ロビーのホワイエに設置されたモニターでは、ピョンピョン跳ねている後ろ姿が映っていました(笑)。
 子ども達、非常に楽しんだだろうとは思うのですが、同時に「2階席だったら辛かったな」という思いもしました。ローテーションで回るものですので致し方ないですが、来年は多分2階になります。
 さきほど職員室に、コンサートで聞いた歌(手遊び)がピアノの伴奏付きで聞こえてきました。年少組だと思うのですが、早速活かしてくれているようです。手遊びというのは、歌だけのケースも多いのですが、伴奏がつくと子ども達も歌いやすい面があるようです。コンサートではギターを使っていました。ギターいいなぁ。私もウクレレ出してこようかしら。でも、出しやすいコードが違うので移調必至…。
 ともあれ先生方も「あの時の譜面が…CDが…」という声も聞こえてきているので、子ども達も熱いうちにポチッとします。

繰り返すから

6月 6th, 2018 | Posted by Sato in 行事 - (繰り返すから はコメントを受け付けていません。)
 「子どもにとって、試行錯誤は大切です」と言い、「繰り返すことが練習の本質ですね」と言いながら、やっぱり大人にとっても同じ事だなぁ、と思う事がありました。
 今日は近くの専門学校から、1年生さんが見学に来られました。この春高校を卒業した方たちが主(我が長女と同学年です)で、もしかすると「幼稚園に入るのは、自分が卒園して以来」という方もあったかも知れません。その方達に、「幼稚園って、こんな場所ですよ…」というご紹介をするのが私の役目。それなりに重責です。
 雨の予報が出ていたこともあり、事前に担当の先生からも「雨の場合は、登園風景の見学をどうしましょうか?」「それに応じてスケジュールはどうしましょうか?」「事前に伝えておくべき点は変更ありますか?」など、事細かなお問い合わせ・ご相談もいただいておりました。
 いざ予定の時間となると、やっぱり雨…。最初の予定では20分程度の見学を考えていたので、その分も私が「何かをして」保たせることに。お話ばかりでは辛かろうと思って、いくつかのワークも用意しました。
 有り難い事に、学生さん達は概ね真剣に話を聞いてくれました。「七・五・三」と言って、「話を聞いて理解しているのは小学生7割・中学生5割・高校生3割」とか揶揄されることもあるのですが、「やはり自分から志望し選択して入った学校では違うんだなぁ」と感心しました。
 私じしん、話す側としても、彼らの授業の様子は分からないのですが、ここ数年かけて園内で行ってきた色々な研修・実習とか、たんぽぽぐみでお母さん方とワークを行ってきたことが使えたのも良かったと思います。グループで話し合って発表したり、実演してもらったり、一対一で語ってもらったりと、いろんな形式を取り入れてみました。
 それにしても、「何回も繰り返すことで上手になる」のは王道ですね。先生方が書いた子どもの記録でも、「先に折紙を完成させた子が、周りの子に教えていました。それも回数を重ねるごとに説明が上手になって。繰り返し行うゆえですね」とありました。
 ともあれ…今日の経験が、彼ら彼女らの将来に向け、何らかの糧になってくれることを祈ります。
 幼稚園の見学はいつでも歓迎です、とお話しましたので、もしかすると今後も来て(遊んで)くれることがあるかも知れません。

考える姿

6月 4th, 2018 | Posted by Sato in 保育論 | 行事 - (考える姿 はコメントを受け付けていません。)
 今日は「時の記念日の集い」。実際には10日なのでかなり前倒しなのですけれども、諸般の事情で…行いました。
 昨年度の「ねはん会」で好評だったこともあり、「幼稚園内にある、大きな時計を集めてスライドを作ろう」と考え、あちこち見て廻りました。今日はお御堂参りもあり、結構バタバタとした製作だったのですけれど、何とか間に合わせることができました。
 原理は「お花探し」と同じで「この時計、どこにあるかな?」というものなのですが、子ども達には「指先ビーム」で「あっちにあるよ!」を示してもらいました。
 その中でも一番難しかったのが「旧園舎の柱時計」です。たんぽぽぐみに通っていた子であれば目にしていたであろう、とは(うっすらと)思うのですが、年長さんは多くが知っていたものの、年少さんで知っている子は少数派でした。
 そこでは「柱時計」という名前で教えたのですが、これがのちのち「考える」きっかけになりました。
 司会の先生が「日本で初めての時計(漏刻)は、こんなに大きかったのです」とか紹介してくれて、全体の振り返りをしていった時のことです。
 例の「柱時計」…を言おうとしたら、子ども達から「ふるどけい!」という声があがりました。先生「うーん、もうちょっと…」 C「大きなふるどけい!」 T「あー…(柱時計なんだけど…)」 C「大きなノッポのふるどけい!」とまで行ったかは定かに覚えていないのですが、子ども達にとって「アレ」は「大きなノッポの古時計」なのですね。
 思えば、時計の分類はかなり実利的というか機能的というか、素っ気ないですね。「腕」「柱」「壁かけ」「目覚まし」「懐中」など。物語がないので、子ども達にはつまらないのかも知れません。
 しかし、子ども達の考えは面白いですね。知っている「大きなノッポのふるどけい」という言葉から、名前を想像していったのですから。「持っている材料から考える」。当たり前のことですが、「材料を与えないで考えよと言っても仕方ない」ものです。私も時々やってしまいます…「自分で考えなさい!」と言いつつ「反省しろ!しおらしくしておれ!」としか意味のない発言を…。
 「考えるためには、材料を集めてから」。両方を合わせて「考える」と呼ぶのかも知れませんが、持っている材料の差が大きい時には、特に気をつけねばなりませんね。