明照幼稚園

見ていて飽きない

5月 30th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (見ていて飽きない はコメントを受け付けていません。)
 ところ…それは、砂場です。もちろん「誰もいない砂場」ではなく、「子ども達の遊んでいる砂場」。最近は気温が高くなってきたこともあり、年少さんもかなり砂場に出てくるようになりました。そして、早くも「富士山」…大物を作ったりしています。活動としてはシンプルですが、「みんなで作り上げたんだ!やったー」と評価するには格好の作品。ウキウキして終えることができました。
 そして更に年長さんが手を加え…というか水を流して川や湖を作ったりしました。「もっと水ちょうだい」とか、やり取り?役割分担?の姿も見られます。
 今日は年少さんが一クラスでまるまる砂場を使っていました。一人一人の関わり方や関心の焦点は異なっています。つまり厳密に言えば、みんな違う遊びをしている。けれど許容してくれるというか一緒にいられる。「学校」という括りの中にありながら、「各々の好きなことができる」。砂場ってありがたいですね。

第1回見学会

5月 30th, 2018 | Posted by Sato in 行事 - (第1回見学会 はコメントを受け付けていません。)
 本日は、31年度入園に向けて第1回の見学会を行いました。参加して下さったみなさん、ありがとうございました。幼稚園や先生方の雰囲気を感じて頂けたでしょうか。
 予定では「主活動も見ていただこう」とか考えていたのですが、午前保育ということもあり、朝の園庭遊びをみな長めにとっていたようです…遊びと一斉活動の切り替えの姿を見て頂けたでしょうか。
 朝の会などの姿をご覧になると、「一年であのように育つのかしら…」という不安を覚える方もあるとは思います…が、毎年いらっしゃいます。そして、その子も「今年の年少さん」に含まれているのです。
 途中で「よい姿勢で椅子に座る時間」がありました。担任が一人一人、背中に触れて姿勢を正しています。それを3年間続けて、「良い姿勢を、しようとおもえばできる」まで育つものだと思います。現代では家庭で「よい姿勢でいなさい」と言われることは稀だと思います。学校でもどの程度重視しているのかは分かりません。けれど、「よい姿勢とは、こういうもの」というのを3年間伝え続けて、漸くみんなでできるものです。見学ですと、ついつい「できている」子に目がいってしまうものですが、子どもの育ちは一人一人。「いずれ卒園までには」というスケールで考えております。
 ご家庭が「姿勢なんてどうでもよい」という考えですと、幼稚園とはそぐいません。「幼稚園では、そういう時間もあるよね」という程度の受け止めで結構です。しかし、結構美しいものですよ。子どもが背筋を伸ばして座っている姿は。
 次回の見学会は6月28日です。今回とはまた違った姿が見られると思いますので、どうぞ多くの方にご参加いただければと存じます。