明照幼稚園

始まりました 始業式

4月 9th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (始まりました 始業式 はコメントを受け付けていません。)
 9日には1学期の始業式と「はなまつり」を行いました。
 年少さんと転入児にとっては、入園2日目にして仏教行事…。例年のことではあるのですが、なかなか落ち着いて参加は難しいであろう…と想像しながらの開始でした。
 とにかく、子ども達が飽きる前に話を終えることが(この時期の)園長の務めです。「みんな、すごいね、静かに聞けましたね」と締めて、司会の先生にバトンタッチしました。先生も、みんなで会えた嬉しさと、一学期への期待の気持ちを盛り上げてくれました。
 その後は「はなまつりの集い」です。「誰もが世界中に、ただ一人。とても独特で貴重な(ユニークな)存在なんだよ」と話しました。そこにピンと来る子はまだまだ少ないと思いますが、「一人一人を尊重する」という、園からの宣言を聞かせるつもりで。
 子ども達は、「花御堂はなみどう」にかなり興味を持ってくれたようです。今回は花の種類や色数も多く、献花も綺麗でした。献茶の子たちも、匂いを嗅いでいる姿が可愛らしかったです。
 会の終了後、一旦はクラスに戻った年長さんがホールに降りてきて、おのおの甘茶をかけてくれました。「抹茶の匂いに似ているね」との声も聞かれました。「自分なりの経験から、考えたことを友だちと共有している」姿ですね。
 実際、3つの仏教行事の中で、一番「現物」があるのが今回です。先生方もその辺りを活かしてくれました。年長さんは「甘茶を飲んでみたい」ということで試飲。私見では「喉の奥で甘い感じ」なのですが、子ども達も口々に感想を話していました(甘い紅茶とは異なった味わいです)。
 今後とも、子ども達と様々な経験をしていけるのが楽しみです!