明照幼稚園

自分を語る

2月 20th, 2018 | Posted by Sato in 保育論 | 日々の姿 - (自分を語る はコメントを受け付けていません。)
 今日は、お遊戯会明けですけれど、「当日には壇上に登れなかったけれど、今日は来られた」子もいて、「じゃ、もう一回だけミニお遊戯会をやろう」という話が出たようです。確かに年長組にとっては、最後の大行事。少し後悔は残るでしょうけれど、思いを遂げさせてあげたい。そう思って「分かりました、園長先生、見に行かせていただきます」となりました。
 実際のところ「本番を終えた」というのは、もう「ピークは越えた」ということです。最高の出来映え…にはなりません。しかし、「今日は来られた」子達の、その事情も知っておりますので「分かりました」と答えたのです。
 ちょうど卒園記念品に使う写真を撮りに来てくれたお兄さんと、二人だけの観客。そこに向かって、子どもたちは堂々と曲を演奏してくれました。本番の日というのは、カメラマンは勿論、私も照明係で結構ピリピリとしておりますので、一人ひとりの表情や仕草もゆっくり見ながら、聞かせてもらいました。
 そして自然と思ったのです。「この曲を選んだ先生の、その思いや願いを子どもに聞かせたい」と。もちろん下打ち合わせはなかったのですが、二人の担任それぞれの思いを語ってくれました。生の気持ちを言葉にしていますから、子どもたちがどれだけ「ピンときた」かは分かりません。けれど、彼女たちが人生かけて「私が今まで生きてきて、これが大事!」という事を伝えてくれました。保育者が参考にする本の「お便りの書き方」とかには、「アイメッセージを書きましょう。説明だけでなく、担任の気持ちや願いを書いてみましょう」とありますけれど、それの最たるものだったと思います。
 そう…今から思い返せば、子どもたちにやはり何某かは伝わっていたと思います。「うん、先生いつも言ってるもの」と、子どもが返していましたから。
 これだけしっかりした絆を持っている子どもたち、そして担任たち。解散していく日が近づいてきていますが、日々を楽しみ、人生を楽しんでほしいと思います。

何のための会か

2月 20th, 2018 | Posted by Sato in 保育論 | 日々の姿 - (何のための会か はコメントを受け付けていません。)
 保護者の皆様、先週末は、お遊戯会にあたり、多くの方にお出かけいただき、本当にありがとうございました。そして、たくさんの拍手と笑顔を子どもたちに向けてくださり、ありがとうございました。
 とても昔から行っている行事で(私自身も年長組でやった役を未だに覚えています)、幼稚園の中でも大きな行事なのですが、「子どもにとってどんな価値が=最終的に、あるのか」は、園長としては見失ってはいけないことと考えています。
 子どもたちどうしで何らかを披露しあうのではない。もちろん、子どもたち同志が見ることで「わっ、あれは何だろう。私もさわってみたいな」とか「お兄さんたち、一生懸命だ」とかシンプルに物語を楽しんだり…ということはあります。けれど「会」である以上、「反応をもらう」という要素を落とすわけにはいきません。「体を動かして、あーすっきり」だけではないのです。そのことからして、また「人間は社会性を発達させることで他の生き物よりも繁栄してきた」ことからも、「出演者とお客さん」という関係は人間以外あり得ず、その間で何が行われているか?は極めて「人間らしさ」に関わる問題なのだと思います。
 自分達の踊りがバッチリ決まった。演奏が気持ちよかった。みんなで一つの物語を紡げた。その「舞台上のこと」だけでは完結しない、「会」という形。そこでは「声援や拍手、家に帰ってからの感想やほめ言葉」など「結果や返ってきたこと」が大きな要素を占めています。
 自分は褒められるに値する人間だ。自分は応援されるに値する人間だ。そんな言葉にならなくとも、多くの方からの拍手や笑顔は、そういったメッセージを送っています。子どもたちに向けられているのは「上手だった、うまくいった」だけではなく、もっと底にある「そこにいること、或いは練習してきたこと、或いは関係を保ってくれていること…」への肯定なのではないか。
 先生の筋書き通りにいくことが、拍手になるのではない。子どもたちがそこへ立ち、何か表現することそのもの…いや本当は、もっと根底にある「表現しようとした事自体」を捉えて評価しているのです。当日は何人かのお休みもありましたが、彼らだって同じく懸命でした。たまたまタイミングが悪くて出席できなかっただけです。そんな子にも等しく拍手を送りたい。「あなたの存在を認めているよ」と。
 ああ、そうか。「表現する」というのは、「誰かに縁を紡ごうとする姿」なんだ。だから私たちはそれを受け止めたいし、広げたいし、つなげたい。縁が繋がり、広がることは、たぶん「力強く、人間らしく生きていく」ことにつながっているから。