明照幼稚園

楽しんでもらいたい

1月 18th, 2018 | Posted by Sato in 行事 - (楽しんでもらいたい はコメントを受け付けていません。)
 今日は、尚美ミュージックカレッジから、学生さんの「卒業制作」ということで、「うたのコンサート」公演を行ってもらいました。幼稚園としても初めてのオファーを受けた訳ですが、なかなか不思議なご縁からでした。詳しくは割愛しますが、「自分たちの作品を発表する場」として、探し・交渉し・リハーサルして当日に臨んできました。ちょうど二十歳位でしょうか。その年齢なら私も学生でしたが、そんな行動力はなかったと思います(もっと内向きのことばかりしていました)。
 イマドキの若者が幼稚園児と触れ合う機会は、そう多くないのだろうと思います。妹・弟にしても小さすぎて(笑)。どんな反応をするのか?どの程度なら子どもができるのか?どうしたら目を引けるか?騒ぎ出したらどうしよう…。きっと、いろいろ考えて検討しつつ、「おかあさんと一緒」とか見ながら研究してきたのだろうと思います。
 私から見ると「あー、もう少しこのネタで引っ張ってもいいのではないかな?」という部分もあったのですが、子ども達にとっては新鮮で楽しかったようです。一回こっきりの本番。「今日このために!」という意気込みと、「人々を楽しませる」という目標を持って(大袈裟?)演じている彼らは、何だか輝いていました。
 聞いてみると、彼らは「音響・映像学科」だそうで、つまり表舞台に立つべく学んでいるのではないようです。どちらかというと機械相手なのかな…と思ったのですが、「であるからこそ、お客さんと直接触れ合う」のは良い経験になったと思います。
 私も子ども達の前に初めて立った時は、ものすごく緊張しました。「げんこつ山のタヌキさん」しか持ちネタはなく、でも懸命にやっていたのを今でも覚えています。
 彼らが将来どんな道に進むのか分かりませんが、今日のことをひとつの原点のようにしてくれたら、ありがたいと思います。幸い、春日駅あたりに学校があるのですから、道すがらにすれ違うこともあるかも知れませんよ。けれど気をつけていないと分からないかも知れません。普段は動物の格好ではないでしょうから。

座れるんだ!

1月 16th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (座れるんだ! はコメントを受け付けていません。)
 珍しくも、二日続けてお御堂の記事です。今日は、たんぽぽぐみさんと年長組(つきぐみ)が一緒にお御堂へお参りしました。たんぽぽさんにとっては探検というか初詣?でしたが…。
 写真では頭ばかりが写っていますが、よく見ると年長さんが小さい子に対して非常に気を遣って登っていることが分かります。自分たちはスイスイあがれますけれど、小さい子にとっては結構な段差。ちゃんとテンポを見守り、落ちないようにしっかり手を握っています。たんぽぽさんも、不安があるゆえか、掴まっている様子ですね。
 階段を登りきり、お御堂につきました。正面には仏様の大きな像。明らかに「日常とは異なる」雰囲気です。「初めてお御堂へ行ったら、怖くなって泣いてしまう子もいるかも知れない」と心配していた年長さんでしたが、どうやらそれはありませんでした。
 さて、本堂では正座です。自分たちはすぐにできるのですが、「この子、できるのかな?どうやって教えたらいいのかな?」と、すぐに考えを巡らせたようです。そして見てみると…「座れるんだ!」
 それを見つけた時、お兄さんの顔には驚きと安堵の表情が浮かんでいました。私を見て、嬉しそうな目線を送ってくれました。
 ああ、こんなにも小さな子へ思いを寄せられるのだ。いつの間に、誰から学んだのかは分からないけれど、「それをするのが自然・当然」と、面倒を見てあげられる。このような姿を「立派な年長さん」と呼ぶのだろうなと思いました。
 家庭に戻れば妹・弟かも知れない。一人っ子かも知れない。けれど、幼稚園という空間では年長者としての振る舞いができる。下の子の思いをくみ取り、自然に手助けできる。「平和とは、これだな」。私の嘘偽りのない感想です。

鴨とアヒルと白鳥と

1月 15th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 | 行事 - (鴨とアヒルと白鳥と はコメントを受け付けていません。)
 今日は三学期初めてのお御堂参りでした。先週末の先生方の日誌に「休み明けゆえか、まだ落ち着いていない様子が見られる」とあったので、いっその事「ハッキリと笑える話」を探していました。
 で、見つけたのが「鴨とり権兵衛」です。飛んだり落ちたり、自分の意思ではなく「大きな力」に触れるとか、落っこちて尻餅をつくとか、やり取りの繰り返しがあって、「ハイ、ここ笑えますよ」が明確なのです。
 子ども達にとって「久しぶり」であった筈ですが、お祈りの姿も落ち着き、素話でも「笑う所は笑う、聞くところは聞く」というメリハリがしっかりできていました。本当のオチは「救助の布を持っていた四人が頭をぶつけてしまい、出た火花で火事になってしまいました」という、かなり大惨事の終了なのですが、「無事に着地でき、家に帰ることができました、メデタシメデタシ」でお話しました。それまでドスンドスンと尻餅だったのですから、無事に降りられてよかったね…と。
 さて、お話に先立ち、アヒルと鴨の写真を用意して、それぞれを見て貰いました。実際のところ、両者は同じカモ科に属していて、よく似ているのです(アヒルはカモを家畜化したもの)。
 「色がちがう!」「模様が違う!」…はい、それで殆どオッケーです。アヒルは家畜化の過程で羽が短くなり、殆ど飛べないそうですが…。
 次に、「白鳥も白いでしょう。どんなところがアヒルと違うかな?」と問うてみました。すると流石の年長さん、「足がちがう」「首が長い」などの特徴を、見事捉えて発表してくれました。それを受けて(?)、「背が高い」と年中さんからも発言が。パッとイメージが浮かんだのでしょうか。
 ともあれ、「よく見る、じっくり細部を見る」ということは科学の心の芽生え。「間違い探し」ではありませんが、きっと子どもの発達に合った行動なのだろうと思いました。

新学期、始まりました

1月 9th, 2018 | Posted by Sato in 日々の姿 - (新学期、始まりました はコメントを受け付けていません。)
 今日から新学期が始まりました。銀杏の葉っぱもすっかりなくなり、清々しい空…はちょっと見えませんでしたが、子ども達の元気な声が響く、いつもの幼稚園が戻ってきました。
 冬休みというと、普段とは異なる経験をしてきた話が多いのですが、園長は「お料理」頑張ってきましたよ。
 近隣のスーパーは大概行きましたので、それぞれの傾向というか雰囲気もよく分かりました。品揃えとかお値段とか(マグロって高いのですね…)、レジのやり方とか色々異なるのですね。
 そこで気付いたのが、「冬が旬の魚は多くない」ということで、鮭は通年あるとしても、鰤と鱈が殆どであり、お陰様で鰤の扱い(要するに下処理)は随分できるようになりました。本当は「捌けますよ」まで行かれたらカッコイイのですが…。
 というのはともかく、子ども達は随分いろんな場所へ行き、いろんな体験をしてきたようです。お正月ならではの食べ物や遊びも。いつも思う事なのですが、「昔からある定番の遊び」は、廃れることなく続いてきただけの面白さを持っていますね。今年は行かれなかったのですが、凧揚げは今でも熱くなります(葛西臨海公園がおすすめです)。
 さて、子ども達にはそれぞれ「冬休みの思い出」を語ってもらいました。「3学期には、お遊戯会があります。この舞台にあがって、たくさんのお客さんが見に来て下さいますよ」とお話した、その舞台(前)です。結構な緊張感だろうな…と想像していたのですが、みなハキハキと答えてくれました。
「特急しおさいに乗りました」「新幹線、好きだものね」「新幹線だけじゃないよ、みんな好きなの」と、司会の先生との会話も楽しんでいました。
 全員の話を聞くことはできないのですが、「これが思い出だよ!これが面白かったよ!」を勢いよく話せるというのは、幸せなことだと思います。周りから見てどうこう、比べてどうこうではない、「とにかく私にとっては!」を得られた冬休み。子どもと一緒の旅行は気を遣うこともありますが、楽しく過ごしていただいたようで、園としてもありがたい思いです。短い学期ではありますが、どうぞ宜しくお願い致します。