明照幼稚園

雨が降る前に

11月 30th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 - (雨が降る前に はコメントを受け付けていません。)
 今日はお昼から雨の予報…すでに降り出していますけれど、幼稚園では朝から銀杏の葉が散り始めました。ええ、「風もないのにハラハラと」です。
 まだ、本格的に「葉っぱで遊ぶ」には早すぎます。けれど、ちょっと先行してみようかと考え、ある程度集めてみました。さっそく通りかかった先生から、「あとで遊ぶので…」とお声がけ。「ハイハイ、集めるだけね〜」と、熊手でガラガラやっていました。葉っぱが集まって砂地がきれいに見えるのは、結構好きなんです。

 さて、しばらくすると外から賑やかな声が聞こえてきました。さっきの先生と子ども達が出てきたようです。掃いた葉っぱなので、かなり砂が混じっています。「ちゃんと砂を落としてから投げて〜」と、先生の声が響きます。こういう自然相手の遊びは、普段大人しそうな子が大声を上げていたりして、意外な一面が見られたりします。やはり開放的になるのでしょう。
 そう言えば、子どもにとって自然物とは、「自由に手に入る遊び道具」です。昔から、石ころだの葉っぱだの木の実だの、「お金と引き替えでない」ものを集め、弄り、遊んできたのでしょう。そう思うと「子どもが砂いじりする」のは健全な証拠なのかも…とか思ったりします。
 ともあれ、間もなく「葉っぱで遊べる」貴重な数日間がやって来ます。寒いとは思いますが、あの黄色と空色のコントラストは、この時期にしか見られません。保護者の皆様も、朝の送りがてら、見上げてみてはいかがでしょうか。