明照幼稚園

カテイが見えますか

11月 7th, 2017 | Posted by Sato in 保育論 | 日々の姿 - (カテイが見えますか はコメントを受け付けていません。)
 いま、幼稚園では来週の「お買い物ごっこ」に向けた活動が盛んです。その中で、保護者参観日がありました。子ども達、親御さんがお越しになると多少なりともバイアスがかかるものです。家で会うときはそんなことないでしょうに、場所が違うと距離感も変わるのですね。面白いものです。
 さて、写真は年長組での姿。今年は徹底的に「コミュニケーションとして・プロセスとして」見ていこうと考えていますので、子ども達のごく近くで、相談している様子や分担して作ってゆく様子などがよく見えたのではないかと思います。
 「それぞれの意見を最大限活かす」…言うは易く行うは難しの代表ですが…を、「トコトン行ってみましょう」で、「一クラスで何個もの店舗ができる」というケースもあるようです。しかし、そうして「一人一人が看板を背負う」というのも、今年の形だからできること。「自分達の力でやり遂げる」がテーマなのですから。
 ですから、「成果物」として「店頭に並んだもの」だけを見てしまうと、或いは「??」になるかも知れません。特に昨年までの「おかいものごっこ」をご存じの方は。ゴメンナサイ。
 けれど、まさに「参観でしか見られない、子ども達のリアルなやり取り・責任感・協調性」は、捉えて頂けたのではないかと思います。
 「大人は、過程を褒めることができる」と言います。逆上がりなどは典型的ですね。おおよそ、「出来上がった物」を褒めるより、「作る過程」を褒めた方が、ネタが多くなりそうで、面白そうじゃありませんか?

関心を寄せる

11月 7th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 - (関心を寄せる はコメントを受け付けていません。)
>今日は、某大学から学生さんが「白エプロン」の調査に来られました。  白エプロンはかなり歴史の古いもののようで、彼女も教科書で知って興味を覚えたようです。園長も、その歴史を聞かれたのですが詳らかでなく、ちょうど先先代園長のお墓詣りにみえた、当時の先生方(おん歳80台)にもお伺いしてみました。「当時から白エプロンだったけれど、いつからかは分からない」とのこと。約100年前に幼稚園が始まった頃、それなりにハイソだった事と関係がありそうなのですが、真相は分かりません。  材質とかメーカーとかお話しして、子どもにも直接インタビューしていました。「エプロンの、どんな所が好きですか?」「全部!」という感じで、調査に役立ったかは分かりませんが…。  ともあれ、園長も知らない謎。もし解き明かしてくれたら、協力した甲斐も大きいと思います。自分なりに見つけた問題意識、追究していって欲しいですね。