明照幼稚園

一日の経験で

7月 22nd, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 | 行事 - (一日の経験で はコメントを受け付けていません。)
 昨日から今日にかけ、年長組さんの「お泊まり会」を行いました。大きな貴重な経験です。どれほど大きいか…。
 あまり愉快な例ではありませんが、「恐怖の余り、一晩で髪が真っ白になる」とも言うように、「一晩の経験」が、その後にずっと大きく影響をすることがあります。そして、少なくとも卒園式までは、4分の1くらいの子が「幼稚園で一番印象に残ったのは、お泊まり会」と言い切ります(当園調べ)。
 昔の人たちは、「夜に眠るとは、一旦死ぬようなものだ。翌朝、再び起きるとは、生き返るようなものだ」と思っていた節があります。確かに自分の意識がないうちに、動物に襲われたりするかも知れませんし、もし起きても夜目が利きません。実際に、「眠っている間に死んでしまった」人は、数限りなくいたのだろうと思います。
 ということで、お家に戻った子は正真正銘「同じ子」ではあるのですが、「お泊まり会を経験した」ことで「どこかちょっと生まれ変わった」…かも、という目で見てあげて欲しいのです。親御さんが居ないことで、「…せざるを得ない。そして実際に、できた」という経験を多くしたと思います。その「特別な経験」から「できるよ!」と自信を持っていけるためには、「繰り返し」が必要です。お料理・片付け・お泊まり…ぜひ夏休みに回数を重ね、楽しくやっているうちに身につきますよう、「多彩な経験」をさせてあげて下さい。
 「どんなことをしたの?」とお聞きになると思いますが、子どもが話し始めたら、どこかで「す・な・お」を入れてあげて下さいね。「すごいわね」「なるほど」「面白いわね」です。マニュアル的に見えるかも知れませんが、きちんとタイミングを掴むのはなかなか難しいものです。その合いの手がピッタリはまると、子ども達の嬉しさ、記憶、次への意欲は増していくと思います。
 改めまして、お父様方、お母さん方には沢山のお手伝いをいただき、ありがとうございました。多くの人の手があってこそできる行事、そして幼稚園です。子ども達にそれだけ豊かな経験をさせてあげられる、と感謝申し上げます。ありがとうございました。