明照幼稚園

これも遊びです

7月 18th, 2017 | Posted by Sato in 日々の姿 | 行事 - (これも遊びです はコメントを受け付けていません。)
 今日はプールの最終日…私が園長になって以来初の、「全日程プール完遂!」の年度となりました。これも皆様のふだんの行いが良いおかげです…ありがたし。
 さて、最終日ということもあって、再び年長さんのプールに参戦してきました。もう(?)とか使いません。文字通りの「戦い」でした。ちょうど新しい道具(強力水鉄砲とか)も入り、「水が顔にかかる」とか構っていられない状況です。カメラを片手に普段着(水着ではない)で行ったのですが、2分も経たないうちにカメラは避難、私はずぶ濡れとなりました。
 年長さんですと、結構な体重の子もいて、「イヤもう持ち上げるのは今日が最後でしょ!」とか思いつつ、抱きかかえては投げ、時にはやさしく投げ、また時には激しく投げ…を繰り返しました。中に入れればもう少し踏ん張ることも出来たのでしょうが、今更着替えるために場を離れることもできず、最後まで一緒に遊びました。先生の笛が鳴って「おしまーい」のはずが…
 プールが終わるとすぐに水を抜き、掃除に入ります。そのために排水口を全開にするのですが、その排水口が面白いと感じた子がいるのですね。
 ドクドクと流れ出る口は、時折脈を打っています。しばらく見ていたかと思ったら、おもむろに踏んづけました。その後、持ち上げてみたり口を絞ったりと、しばらくの間遊んでいました。
 サイフォンの原理があるので、水面以上に持ち上げると流れでなくなります。その様子も何となく観察し、「どうやったら遠くまで飛ばせるかな」といろいろ工夫して、流れていく様子を全身で感じていました。あー面白そう。プールから出て、おもちゃも使わず、自分の発見と工夫で遊ぶ。彼らが「作り出した遊び」を見つけた私も、一緒になってにんまりしていました。
 改めまして、連日々々、お母さん方にはプールのお手伝いをいただき、本当にありがとうございました。最初は不安に感じていた子どもたちが、水になれるに従い大胆な行動に出られ、「ちょっとくらい水が掛かったって気にならない」に変化していく様子をご覧いただけたかと思います。
 お手紙も配りましたが、「水での事故」は一瞬でおきたりします。せめてパニックにならないよう、「息堪え」などの体験を積めるように行ってきました。海や川の水はプールとは全く違いますが、「安全に生活する」につながる保育ができたのではないかと思います。ご協力ありがとうございました。